歴史を繋ぐ、川越の家 of ザイソウハウス

zaiso_k80_line.jpg

HOME > 住み処の声 > 歴史を繋ぐ、川越の家

住み処の声

kawagoe0.jpg


母屋の隣にある、築100年の家屋の建て替え工事。
ご主人は、この地に住み始めて4代目。
先祖の想いと歴史に敬意を払い、想いを込めた家が実現しました。




kawagoe1.jpg

「もともと木の家は考えていなくて、ハウスメーカーを漠然と考えていました」
と話す住まい手さん。ザイソウとの出会いは、親会社である材惣木材の知り合いの方がきっかけだそうです。
「家を建てたい、と冗談半分で話したら早速ザイソウハウスの方が尋ねてきました。話を聞いて興味を持ち、自分自身でも木の家についていろいろ調べました。ザイソウさんは木造住宅・自然素材の良さを理解し、深い知識をお持ちです。
いろいろな本を読んだ中でも、ザイソウさんの言っていることは正しくて信頼が持てました。また打ち合わせの中で、リビングをもう少し広くしようと考えていましたが、ザイソウさんに本当に必要ですか?と言われました。こちらの要望を鵜呑みにするのではなく、プロの目線で必要かどうかはっきりものを言う姿勢も非常に好印象でした。自分の家を安心して任せられる会社だと感じました。」




kawagoe2.jpgkawagoe3.jpg


「家づくりのテーマは『リビングでみんなが集まる家』と決めていました。
2階に上がるにもリビングを通らないといけないようになっているので、子供たちが大きくなって自分の部屋を使うようになっても、リビングでいつでも顔を合わせることができる家族の大事な空間にしようと思いました。」

リビングには明るい陽射しが差し込み、子供たちのにぎやかな声が響きわたるー、
心地いい空気が流れていました。



kawagoe4.jpg

「築100年の家屋を建て替えるときに、何かその家の想いを残せないかと考えました。ザイソウさんに相談したところ、柱を再利用することを提案していただきました。木は何百年と持つほど丈夫なもの。柱を使うことを何より喜んでくれたのは父でした。」
他にも100年前の建具のガラスを家具に再利用しています。またリビングの正面には神棚が飾られています。毎日水をかえて手を合わせるそうです。
住まい手さんの想い、お父様の想い、ご先祖様の想い、家というのはみんなの想いに支えられているということを実感しました。

kawagoe5.jpgkawagoe6.jpg

「家に遊びに来る友達にOMソーラーの赤いダクトのことは必ず聞かれます。そこでOMソーラーの説明が毎回始まるんですよ」と話す住まい手さんはどこか嬉しそう。明るい色が好きという住まい手さんの個性が現れています。
似顔絵や子供の力作を飾り、リビングのいいアクセントになっています。


kawagoe7.jpg

住まい手さんが「自慢してもいいですか」と持ち出したのはハンモック。家を建てる前からの夢だったそうです。
早速乗らせてもらうと、絶妙なバランスと揺らぎがなんとも心地いい!

ハンモックに揺られてテレビを見ながら寝てしまうこともあるそう。
天気のいい日は広々としたデッキでもハンモックを愉しむそうです。

kawagoe8.jpgkawagoe9.jpg

「木の家に住んで本当に良かったです。子供たちも年中裸足で走りまわり、木のぬくもりを体いっぱい感じています。
OMソーラーは本当に暖かくて、隣の実家へ行くと違いがよくわかります。配達に来た人にも暖かいですね、と声をかけられるぐらい。コンクリートが完全に乾く2年目からより効果があらわれるのでこれからが楽しみです。お手入れも特に難しいことなんてない。もう一度家を建てるなら、また木の家がいいですね。もちろんザイソウさんにお願いします。」
何より嬉しいお言葉をいただきました。
家を大事にし、至るところに愛着をもって暮らしていることが伝わってきます。
真摯な家づくりを心がけるのと同時に、そんな住まい手さんたちの暮らしを支えていきたいと思いました。