耐久性能 of ザイソウハウス

zaiso_k80_line.jpg

性能を知る

seinou_maintitle_taikyu2.jpg

耐久性能を上げるには、まずはできる限り家が劣化していく速さを抑えることが必要です。ただ「劣化しない家」にすることは難しいので、ポイントを押さえた維持管理のしやすさを備えておかねばなりません。また、こうした物理的な劣化に対応するだけではなく「長きにわたり価値が高く、住み続けたいと思う家」にすることが重要であり、それはザイソウハウスが本質的に目指しているものです。

1.雨漏りのリスク、水漏れのリスクをゼロに近づける
家を傷める最大の原因になるのは「水」です。その水が建物に浸入してくるリスクをゼロに近づけるために、設計上の工夫を行い、施工においても最大限の慎重な態度で臨みます。

耐久性能1.jpg

2.シロアリの性質を理解し、2重3重の対策を行う
シロアリは地面の中に巣をつくり、床下にある地面と建物がつながっているところから建物に侵入してきます。もっとも適切なシロアリ侵入防止策は、地面と建物がつながるところをつくらないことです。そういう意味で「ベタ基礎」は極めて優れたシロアリ対策になります。また、万が一シロアリが侵入してもその被害を最大限に抑えるため、シロアリに強い木材を土台や柱に使います。

seinou_taikyu.jpg
 画像をクリックすると拡大します

3.屋根材や外壁材の材料に配慮する
屋根材や外壁材は建物の中でもっとも劣化しやすいものです。デザイン性と耐久性を両立させる屋根材や外壁材を選び、使います。

耐久性能3.jpg

4.維持管理しやすくしておき、定期的に点検する
維持管理上重要になるのは、日常では見えない「配管廻り」と「床下」です。配管の造り方に工夫しながら、点検しやすい床下構造にしておきます。また定期点検を実施して、こうした場所を含め、屋根、外装、設備などについてのチェックを続けていきます。