街にゆったり住まう家

必要な建物の大きさと、ゆったりしたお庭。建物は街の財産でもあるので、ファサード=建物の顔は大切にしたい。下屋根のある玄関ポーチは雨に濡れず、ちょっとした立ち話もできる。くつろいだり、ひとやすみしたり―。ウッドデッキは、外と内を繋ぐ。季節ごとのお花や果実、彩りを楽しみたくて、樹種の選定にもこだわりました。家庭菜園も始める予定。隅々に風が抜けるよう、敷地の微気候を読みながら、窓をデザイン。 少し奥まった感のある和室は、客間として、また普段使いにも。 和室のお庭。イロハモミジと、ドウダンツツジが彩る。 ダイニングの脇にあるワークスペース。リビング廻り。和室へは空間を絞ることで、大空間と繋がりながら落ち着く雰囲気をつくっています。 使い勝手の良いワンルーム空間には、過ごし方に応じた居場所と、必要に応じて間仕切ることのできる工夫が必要。階段室とリビングを、引き戸で仕切ることができるようになっています。 2F階段ホールは、ちょっとした書斎スペース。 2F主寝室。玄関横の、サービスヤードへの扉。 下屋根のあるサービスヤードは、お庭のお手入れ道具や、外廻りのもの、ゴミなども保管できる便利な場所。