奥町の家

暮らしをカタチづくる住まい。ご両親の家庭菜園を、コミュニケーションの場として、また、通りとの緩衝材として考えています。街と住まい手とが、ゆるやかに関わりながら住まう、居心地の良い家。深い軒のあるポーチ。ひと呼吸において、内に入る。ご夫婦で作業される、ゆったりとしたキッチン廻り。ダイニングからは、畑を望む。  ごろりと過ごす畳の間は、第二のリビング。 縁側で、のんびりと過ごす昼下がり。